幸区版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

ミューザ川崎 児童が公演プロデュース 12人が企画・運営・広報担う

文化

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena
ジュニア・プロデューサーと東響のメンバー
ジュニア・プロデューサーと東響のメンバー

 市内の小学校に通う児童がコンサートをプロデュースする「ジュニア・プロデューサー2016企画コンサート」が7月28日、ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室で行われた。

 小学生がコンサートを創り上げる企画で、今回で4回目。4年生から6年生までの児童12人が参加、今年5月から広報班、運営班、企画班に分かれ、本番まで8回の会議を重ねてコンサートを企画していった。

 企画班は鑑賞者が楽しめるような選曲や催しの内容を決めていき、運営班は受付や座席の配置を決めていった。そして、広報班はチラシやリリースを制作した。

 コンサートは「心がはじけるミューザの音楽〜あなたも明日から音楽博士〜」と題し、東京交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏で行われた。曲目はモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から、久石譲さんの「さんぽ」、葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」などバラエティ豊かな選曲で、来場者は一緒に歌い楽しんでいた。

 司会を担当した企画班の熱田琉司さんは「最初は緊張して言葉が出なかったけど、自分としては良くできた」と振り返った。また、音楽に関するクイズコーナーを考えた東田真帆さんは「みんなが参加して楽しめるコンサートにできた」と話した。広報班の織戸孝輔さんは「チケットが完売し、集客に貢献できた」と喜びを表した。コンサートには約130人が来場した。

 ジュニア・プロデューサー企画にはこの他に、企画班に久保田幹菜さん、金高杏凛さん、広報班に青山茉央さん、佐々木美結さん、下土智史さん、運営班に江頭佑奈さん、森本桜さん、大峰蓮華さん、渡邉風香さんが参加した。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号