幸区版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

さいわい活動支援協議会 「ぴんぴんころりを広めたい」 9月24日から全6回講座

社会

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
主催する同協議会の古場代表、渡邉さん、島村さん、山田さん(左から)
主催する同協議会の古場代表、渡邉さん、島村さん、山田さん(左から)

 幸市民館市民自主学級「ぴんぴんころりパート2」が9月24日(土)から、幸市民館日吉分館で開催される。全6回開かれ、参加費は無料。現在、参加者と同活動を地域に広めるスタッフを募集している。主催はさいわい活動支援協議会(古場敏光代表)ほか。

 同協議会会員や管理栄養士、医療関係者などが講師を務め、誤嚥性肺炎や糖尿病予防などの講座と「ホームルーム」と題したワークショップを行い、参加者同士で意見交換を行う。最後の第6回目は「全員参加の大座談会」を実施する。

 古場代表は「約10年後には団塊の世代がすべて75歳以上になり、介護保険制度が成り立たなくなるとみられているなか、平均寿命は延びているが健康寿命は延びていない。元気に過ごし、最後まで人生を楽しんでほしい」と語り、昨年「ぴんぴんころり入門」を実施した。ぴんぴんころりは、親しみやすく元気そうなタイトルとして選択した。昨年の講座を生かしてグレードを上げ、ぴんぴんころりの定着を目指す。

活動を支えるスタッフは

 ぴんぴんころりは古場代表のほか、約8人で運営を支えている。この活動に第1回から参加している山田家伸さんは「大勢の方に注目して頂けるように、この活動を周知していきたい」と話す。また、長年地域ボランティアに携わる渡邉繁子さんは「生まれ育った地域で最期を迎えたいと思っている。健康問題などを考えながら、明るく楽しいぴんぴんころりを広めたい」と意気込む。今回公募で初めて参加する島村艶子さんは「ご近所のお年寄りを中心に支えたいと思い参加させて頂いた」と話している。

 2回目以降は10月8日、11月12日、12月24日、1月14日、2月4日の土曜日、時間は午後2時から4時まで開かれる。古場代表は「若い方にも参加してほしくて、土曜日の昼間に開催することにしました。支援者として興味のある方も、ぜひ参加してほしい」と呼びかけている。

 対象は興味・関心のある人、健康長寿・介護支援・地域活動に携わっている人(専門家含む)、今後支援者になりたい人など、定員は先着50人。申し込みは9月1日(木)午前10時から、幸市民館に直接か電話で。問い合わせは同館(【電話】044・541・3910)へ。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号