さがみはら中央区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

相模田名高校 シチズンシップ授業実施 税金や消費者生活のアドバイスも

教育

「製品には必ず寿命がある」と呼びかけた
「製品には必ず寿命がある」と呼びかけた

 将来必要となる知識やスキルを生徒に身につけさせようと、相模田名高校(折笠初雄校長)で7日と14日、外部講師による特別授業が行われた。

 相模原税務署による「租税教室」、日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会による「消費者教育講座」などが1年生の総合の時間で実施され、生徒に税金の仕組みや消費者としての意識を訴えた。

 講師として招かれた消費生活アドバイザーの諸岡史子さんは、天ぷらなどで使用したあとの油の自然発火現象などによる身近な事故の例を紹介。「火を使うときには、窓を開けるなど必ず換気をしてください」と生徒に呼びかけていた。万が一、事故が起きてしまった場合は、情報を一元化して再発の防止に取り組むため国民生活センターなどへの報告を促していた。

 参加した女子生徒は「冊子やポスターを使っていてとても分かりやすかった」と笑顔を見せていた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク