さがみはら中央区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

地元スポーツ4団体 自殺に歯止め 市と事業協定を締結

スポーツ

ユニホーム姿で協定を結んだ4団体と加山俊夫市長
ユニホーム姿で協定を結んだ4団体と加山俊夫市長

 自殺者の数を食い止めようと、市内に本拠地を構える4つのスポーツ団体は市が実施する自殺対策事業への協力に賛同し7日、市役所で同事業協定への締結を行った。

 今回協定を結んだのは、関東サッカーリーグ関東2部リーグ所属の「S.C.相模原」、日本社会人アメリカンフットボールXリーグ所属の「相模原ライズ」、県社会人サッカー1部リーグ所属の「ブレッサ相模原」、ジャパンラグビートップイーストリーグ1部所属の「三菱重工相模原ダイナボアーズ」。

 こうしたスポーツ団体が積極的に事業に乗り出すことになったのは、昨年、市主催の自殺対策街頭キャンペーンにこの内の3団体が参加し、地元の民生・児童委員や地区社会福祉協議会とともに橋本駅や相模原駅で自殺防止を呼びかけたのがきっかけ。その後、団体が地元のチームとして知名度を上げたいという思惑に、市も事業を通してチームを支えることで一致。もう1団体の参加も明らかになったこともあり、締結の運びとなった。

 今後は、街頭での呼びかけのほか、FMさがみを利用したスポット放送の出演などを通し、市民への自殺予防を普及、啓発していく。

予防月間中は公用車が巡回

 市は来月、国が定める自殺予防月間に併せてキャンペーンを展開。普及・啓発を促すデザインに4団体のチームロゴやマスコット、応援メッセージ入りのマグネットを公用車に貼り、市内を巡回することになっている。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク