さがみはら中央区版 掲載号:2011年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

市内17農家 熟成「黒にんにく」を名産に 「モナの丘」で加工 8月販売へ現在調整中

「食べれば元気がでる。価格は抑えるつもりなので、きっと喜ばれるはず」と桑田さん
「食べれば元気がでる。価格は抑えるつもりなので、きっと喜ばれるはず」と桑田さん

 栄養価の高い加工食品「黒にんにく」を市内でも生産しようと、地元農家17軒が手を組み、商品化へ向け活動をはじめた。舵を取る『モナの丘』(南区下溝)代表の桑田俊夫さんは「絶対成功させて、相模原の名産にしたい」と意気込んでいる。

 17軒の集まり「相模原にんにくクラブ」(松本茂代表)では夏の商品化に向け、現在、試行錯誤を繰り返している。加工場は農業レストラン『モナの丘』。改造した専用機械の中で、熱と湿度を加え、じっくり熟成させる。調味料は一切使わない。約30日経つと、にんにくは黒く変色し、香ばしさが数倍に。柔らかく、濃密な固まりとなり、フルーツ感覚で口に運べるようになる。

 現在この「黒にんにく」は青森県と三重県を中心に生産されているそう。同クラブでは6、7月ににんにくを収穫し、8月には販売を開始する計画だ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク