さがみはら中央区版 掲載号:2011年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

上溝地区でシンボルマーク誕生 キーワードは「伝統の夏祭り」

▲上溝小でお披露目となった
▲上溝小でお披露目となった

 上溝地区まちづくり会議を母体に組織された「エンジョイ上溝実行委員会」(長谷川光義会長)ではこのほど、同地区オリジナルのシンボルマークを制作。12日に上溝小学校の全校朝会でお披露目した。

 同会では政令市移行により、新たな仕組みによる地区の街づくりがスタートしたことをきっかけに、上溝のシンボルマークづくりを企画。まずマークのキーワードを決めるため、地区内の自治会や小中高校生に募集を呼びかけ、1834件の応募の中から「伝統の夏祭り」に決めた。その後は女子美術大学デザイン科の学生に依頼し、キーワードを基に3つのデザインを立案。再び地区内でアンケートを実施し、回答のあった4005件の中から、最も票を獲得したものに決定した。

 お披露目されたマークは市内の夏の風物詩「上溝夏祭り」を意識し、人が太鼓を叩いている姿を描いており、人の部分は上溝の頭文字「K」をイメージしている。中央区内でシンボルマークを制作したのは上溝地区が初めてで、同会では「今後、イベントなど様々な場面でPRしていきたい」と話している。
 

▲決定したシンボルマーク
▲決定したシンボルマーク

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク