さがみはら中央区版 掲載号:2011年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

相模原公園 薄水色のじゅうたん

社会

 県立相模原公園(南区下溝3277)の入口(クスノキゲート)脇の芝生斜面には現在、薄水色のじゅうたんが出現している。

 その正体は、ネモフィラ。昨年秋に芝生内にタネをまいたもので、3月中旬から咲き始めた。日当たりにもよるが、今がちょうど見ごろを迎えており、同公園管理事務所によれば「ゴールデンウィーク頃まで楽しめるのでは」とのこと。約1000平方メートルの芝生が薄水色に染まっている様子は、来園者にも好評。園内では、「わぁ可愛らしい」と写真を撮る人々の姿が見られた。詳細は同事務所【電話】042・778・1653まで。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク