さがみはら中央区版 掲載号:2011年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

産業支援機関合同会議 計画停電に意見相次ぐ

社会

「しっかりと対応していきたい」と小山副支社長
「しっかりと対応していきたい」と小山副支社長

 市内の産業支援機関・業界代表・工業団地関係者や大手企業の代表者ら38人が出席した「第3回東日本大震災に係る産業支援機関合同会議」が10日、市立産業会館で行われた。

 会議には、東京電力株式会社小山勇樹相模原副支社長が出席。前日に発表した「『でんき予報』開始によるお客さまへの節電のお願い等について」に基づき、今夏の計画停電を回避するために更なる節電を訴えたが、出席者からは不満の声が上がった。

 キャタピラージャパン株式会社の森下匡人相模事業所総務部長からは、「市内のどの企業も、計画停電が実施されないよう、厳しい節電目標を掲げて最大限の努力をしている。このような中で『計画停電』という言葉そのものが出てくること自体、大変残念である」と語気を強めた。

 そのほか、「計画停電実施の周知は、最低でも前日にしてほしい」「計画停電で信号が停止すると危険」など意見が相次いだ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク