さがみはら中央区版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

サッカークラブSC相模原 今年も飛び級で大勝負 JFL昇格をかけ11月に「地域大会」

7月、J2チーム『ギラヴァンツ北九州』から期限付き移籍をしたMF・佐野裕哉選手。佐野選手をはじめ、SCには“元J選手”らキャリアのあるメンバーが多く在籍している
7月、J2チーム『ギラヴァンツ北九州』から期限付き移籍をしたMF・佐野裕哉選手。佐野選手をはじめ、SCには“元J選手”らキャリアのあるメンバーが多く在籍している

 Jリーグ準加盟サッカークラブ『SC相模原』(中央区中央/望月重良代表)はこのほど、日本サッカー協会からの”優遇措置”を受け、JFL昇格をかけて争われる「第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会」への出場権を得た。昨年に続き2度目の大チャンス。11月のこの大会を勝ち抜けば、来年度からSCはJFL(日本フットボールリーグ)で、全国を舞台に戦うこととなる。   

 この地域大会に出場できるのは、関東リーグ1部など全国に9つある地域リーグの優勝チームと、全国社会人サッカー選手権大会の優勝チームが基本。優遇措置による出場は、03年のザスパ草津と昨年のSCのみ。

 SCは昨年、「健全な運営」「競技場の確保」「行政の協力」などが評価され、同協会から”Jリーグ準加盟クラブ”に承認されている。通常なら、1年ずつカテゴリーをあげるなどし、地域大会への出場権を得るが、SCは昨年同様この措置により、”飛び級”で大一番に挑戦できることに。地域大会を勝ち上がれば、チーム発足4年目にして、JFL昇格が認められる。大会は11月が福井県など、12月の決勝は大阪府で開催となっている。

現在リーグ2位

 なお、チームは現在、リーグ戦13試合を消化し(関東2部)、9勝1分3敗で2位の成績(18日時点)。25日(日)には、愛甲郡愛川町の三増運動公園で、リーグ最終戦を行う(エリースFC東京戦・11時)。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク