さがみはら中央区版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

今年は「復興」サンマまつり 10月1日(土) 市内各商店街で

大船渡直送。市場にも活気が出てきたそう
大船渡直送。市場にも活気が出てきたそう

 東日本大震災の発生で開催が危ぶまれた「サンマまつり」が10月1日(土)、綜合卸売市場(中央区東淵野辺)と市内商店街で一斉に開催されることとなった。主催は相模原市商店連合会(浦上裕史理事長)。未曾有の震災から半年。壊滅状態だった大船渡港が徐々に復興し、サンマ漁も始まったことから実施が決定した。今年はまつりのタイトルに「復興」を冠し、各商店街が知恵を絞ることで、大船渡漁のPRと復興支援を行っていく。

不漁・震災乗り越え

 大船渡市で水揚げされた新鮮なサンマを直送で市内に運び、相模原市民が秋の味覚を楽しむ「サンマまつり」。今回の開催までの道のりは決して平坦なものではなかった。昨年は炎暑による大不漁の影響からまつり自体が中止となり、今秋の開催へ向けて準備を進めてきた。そんな中、今年3月には東日本大震災が発生。大船渡漁港は壊滅的な被害を受けた。それでも、市商連の役員らが5月に義援金を携えて大船渡を訪問した際には、「港が直ったらなんとかします」と地元漁業組合の関係者は気丈に話していたという。

 それから4カ月。震災の爪痕はまだまだ深いものの、大船渡でサンマ漁が再開。漁業組合の努力と意欲が実り、2年ぶりに開催される運びとなった。

サンマまつり10/1(土) 市内各商店街で

 例年、大船渡市より無料で提供されてきたサンマだが、今年は各商店街が購入することで復興の手助けを行うという。参加予定の商店街は20カ所(9月16日時点)。各商店街が独自のイベントを企画し、まつりを盛り上げていく。市商連では「大船渡が頑張っているので、ぜひサンマを買って、味わってもらい、被災地を応援してほしい」と多くの市民に参加を呼びかけている。

クーポン持参や「すくい取り」なども

 上溝商店街振興組合(清水紳一郎理事長)では、各商店街加盟店で現在配付しているクーポンを持参することで、通常価格150円の炭火焼きサンマを特別価格で振舞うという。当日は地元の子育てサロン「ひだまり」(上溝5・1・11)でのフリーマーケットも同時開催。同商店街の佐藤祐一イベント委員長は「復興への手助けとして、募金箱の設置なども検討している」と話している。

 一方、にこにこ星ふちのべ協同組合(茅明夫理事長)は淵野辺駅北口デッキ下で開催。今回初めて行う「サンマのすくい取り」(1回100円・先着500匹)のほか、地元野菜の販売や飲食の出店なども行う予定になっている。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク