さがみはら中央区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

大野北中・淵野辺小・大野北小 ライズ選手と交流

スポーツ

 地域と交流を深めようと22日、地元アメフトチーム「ノジマ相模原ライズ」が大野北中学校(門倉松雄校長)を訪れ、パフォーマンスイベントを行った。

 大野北中・淵野辺小・大野北小の3校合同PTAが同チームを招待して実現した今回の企画。当日は石井光暢代表による講演「スポーツの力〜夢・挑戦」からスタート。石井代表はチームのこれまでを振り返り、「夢を叶える第1歩は本気で取り組むこと」と子どもたちに力強く話していた。

 その後、専属チアリーダー「SUNS」がキッズチアと一緒にパフォーマンスを披露し、可愛らしく元気なダンスに、会場からは拍手が巻き起こった。

プレーに歓声

 最後にライズ選手が登場。本番さながらの緊張感溢れるプレーをみせると、歓声が上がった。ふれあいタイムでは、腕相撲に挑む中学生や、腕につかまって持ち上げてもらう小学生の姿も見られ、和やかな雰囲気に包まれた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク