さがみはら中央区版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

「塩害」田んぼを救え 磯部造園会社の堆肥 被災地で有効性

収穫を喜ぶ仙台市若林区の庄子夫妻
収穫を喜ぶ仙台市若林区の庄子夫妻

 被災地の田んぼに再び実りを―。市内の造園会社が開発した有機肥料が、東日本大震災の津波で塩害を被った水田の土壌改良に、有効である可能性の高いことが分かった。同社が4月から実験を行っていた、被災地の宮城県仙台市若林区の農家では、稲穂が成長、この秋収穫に至った(=写真)。

 この堆肥は、庭木の剪定木を有機化させたもので、南区磯部の(有)ワコーグリーン(柳谷和幸社長)により今年開発された。作物の育成に際し、有害物質や有害菌を分解、殺菌する働きがあるとのこと。「(この原理を利用すれば)塩害を被った田畑に含まれる塩化ナトリウムにも有効なはず」と、同社では被災地での実験に乗り出した。

3分の2が実る

 水田はポンプの故障で利用できなかったが、仙台市で農業を営む庄子衛さん夫妻が協力。庄子さんの水田の土を使用し、土だけの検体と、この土に有機肥料を混ぜた検体の2種類を用意。それぞれに田植えをしたところ、肥料なしの土では全く育たなかったが、肥料を含んだ検体では面積の3分の2ほどの収穫があったという。同社の柳谷社長は「来年以降、現地で十分に提供できるよう、まずは量産を目指す」と話している。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク