さがみはら中央区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

白色トレイペットボトル 市の店頭回収 3月で終了 一昨年の事業仕分けで「不要」判定

社会

主にスーパーやコンビニの店頭に置かれていた回収ボックス。市の公共施設では4月以降も引き続き回収を行う
主にスーパーやコンビニの店頭に置かれていた回収ボックス。市の公共施設では4月以降も引き続き回収を行う

 市はコンビニエンスストアやスーパーなどの店頭で行っているペットボトル・白色トレイの回収事業を3月31日で終了する。市による白色トレイ等の回収は、公民館、まちづくりセンター等の回収ボックスのほか、集積所で決められている週1日の容器包装プラの日のみとなる。

 スーパーなどの店頭回収事業を終了することになったのは、2010年8月に行われた市の事業仕分けによるところが大きい。集積所での週1日(容器包装プラの日)のステーション回収と事業内容が重複するため、仕分人からその必要性を問われ、「不要」と判断された。その後、市は仕分け結果を受けとめ、今年度での事業終了を決定した。ただし、公民館やまちづくりセンターなどの公共施設での回収は継続して行う。

 市は242ヵ所(2011年9月1日現在)の店頭回収を行っており、昨年度の回収量は約400t、事業費は699万1098円(人件費を除く)だった。店頭回収の終了で、4月以降は集積所での回収量増も考えられるが、市資源循環推進課では「店頭の回収BOXに対して、集積所の数が圧倒的に上回るので、これまでのステーション回収の回数は特に増やす予定はない」と述べ、今後の見通しを示した。

 一方で、市内中央区の大手スーパーでは「白色トレイやペットボトルを持ってくる人は多かった。(事業終了後に回収を続けるかについては)今後は他の店舗と話し合うことになると思う」と話している。

 リサイクルを目的とした、ペットボトルと白色トレイの店頭回収は1999年からスタート。それまではゴミの分別について世間的に認知されていなかった。その後、リサイクルやエコへの気運が高まってくると、市は2006年からステーション回収も開始した。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「相模原事典」を作成

郷土史家涌田夫妻

「相模原事典」を作成

4月5日号

計画案策定を延期

淵野辺駅南口再編

計画案策定を延期

4月5日号

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク