さがみはら中央区版 掲載号:2012年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

緑が丘2丁目自主防災隊 災害時も無線で連絡を

社会

無線班は現在12人。もともと無線は趣味だったメンバーも
無線班は現在12人。もともと無線は趣味だったメンバーも

 緑が丘2丁目防災隊(堀口眞隊長)ではこのほど、無線を使って災害時に備える取り組みを開始した。

 きっかけは昨年の東日本大震災。堀口隊長は地域の安全を守るためすぐに対策本部を立ち上げたが、人を集めようにも電話が通じず、被害状況も分からなかった。その経験から連絡手段を確立したいと考え昨年11月、防災隊の無線班として国から無線局の免許状を取得。市内で震災が起きた場合、たとえ停電になっても、確実に被害の把握や病気・ケガの通報が出来る環境を整えた。

 無線でつながる組織を緑が丘だけでなく中央区全体に広げ、より安全な街づくりを行いたいと考えている同隊。現在、無線局の免許状を持つ人を探している。同隊では「趣味で無線を使っている人も、ぜひ連絡してほしい」と呼びかけている。詳細は同隊の岡本さん【メール】okamoto-taka@jcom.home.ne.jpまで。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク