さがみはら中央区版 掲載号:2012年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

ホーム初戦で勝利 SC相模原 多くの観客が応援

スポーツ

曽我部慶太が相手ゴールを襲う
曽我部慶太が相手ゴールを襲う

 相模原麻溝公園競技場(南区)で15日、関東サッカーリーグ1部のSC相模原がクラブ・ドラゴンズと対戦し、2―1でホーム初戦を飾った。

 SCの勝利を見ようと、競技場にはサポーターなど多くの観客が集まった。試合が動いたのは前半15分。FW宮川大輔のゴールでSCが先制。後半27分には、MF吉岡航平が相手ペナルティエリア付近からミドルシュートを叩き込み、突き放した。38分にコーナーキックから相手に1点を返され、セットプレーでの守備に課題を残したものの、終始ボールを支配したSCが勝利を収めた。

 試合後、歓喜のサポーターにあいさつした木村哲昌監督は「一人ひとりの気持ちが入っていた。課題に対応し、全力を尽くしたい。応援お願いします」と述べ、次節に意気込みを見せた。
 

サポーターと喜びを分かち合った
サポーターと喜びを分かち合った

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク