さがみはら中央区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

水難事故を防げ 初の部隊間合同訓練

社会

救助隊と消防隊の連携力向上が図られた
救助隊と消防隊の連携力向上が図られた

 相模原消防署(鈴木久道署長)は16日から3日間、救助隊と消防隊の初の合同となる「水難救助訓練」を相模川高田橋下流水域で実施した。

 当日は80人を超える署員が集結。ゴムボートの操船や河川でのロープ展張など、水難事故を想定した実践的な訓練に汗を流した。

 昨年まで同署では、個々の技能向上に主眼を置き、救助隊の潜水訓練と消防隊の水難救助訓練を個別に実施していた。今年度は実際の水難事故で両隊が連携し、任務に当たることが多いことから、部隊間の連携力向上を図るため、合同開催とした。同署は「鮎釣り解禁の6月を前に実施できて良かった。水難事故で楽しい一日が涙に変らぬよう迅速な救助活動に努めていきます」と決意を新たにしていた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク