さがみはら中央区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

南RC 机133セットを寄贈 被災地・大槌町 暑くて寒い仮設校舎へ

岩手県大槌町(おおつちちょう)の町立大槌小学校の仮設校舎
岩手県大槌町(おおつちちょう)の町立大槌小学校の仮設校舎

 奉仕団体・相模原南ロータリークラブ(中川真澄会長)では9月21日、仮設校舎で授業を行っている岩手県大槌町(おおつちちょう)の町立大槌小学校に、新品の机と椅子133セットを寄贈した。昨年に続き、2度目の被災地支援活動となる。

 「クーラーがあっても夏は室温が38度まであがった。プレハブ造りだから断熱性は低い。冬は2度にまでなったと聞きました」。被災地に建てられた、小学校の仮設校舎=写真下の環境は、我々の想像以上のものかもしれない。

 クラブでは義援金ではなく、「暮らしにあった支援を」という方針のもと、今回も物品を送ることに。今年7月、小学校に連絡をとり、現状必要としている品をたずねた。「全員分の机はあるのですが、寄せ集めたもので、サイズがバラバラ。木製で重いため、児童が運ぶのも大変で…」(大槌小)。そこで、クラブではサイズのリクエストを受け付け、新品の机と椅子を寄贈することに。当日は会員3人が現地を訪問した。

 現地では、厳しい現状を打ち明けられた。先生たちは未だ折りたたみのパイプ椅子を利用している。本校舎の計画ははっきりしていないため、当分は暑くて寒い仮設での授業が続く。

 支援活動の中心は社会奉仕委員長の中村辰雄さん(千代田)。津波で行方不明になった同校児童の記事に心を打たれ、昨年5月、6月に辞書や鍵盤ハーモニカなどを個人で手渡した。活動はクラブに引き継がれ、10月、拡大複写機を贈呈。中村さんは今年3月、卒業式に招かれた。

 中村さんは趣味で全国の風景を撮影しており、昨年5月、自身が撮った「ダイヤモンド富士」の大型パネル=写真上を学校にプレゼントした。その後、「あの富士山ほしいな」という女の子のリクエストがあり、写真合計2千枚を送った。東北の人々にとって富士山は、関東の人より特別な存在。「この写真を見て、元気をもらっています」と、先生たちは話していた。

 今回、5回目の被災地訪問となった中村さん。「半年振りに大槌町に行きましたが、復興なんてとんでもなく、ただ雑草が増えていただけでした」。中村さんはすでに来年度の支援準備を始めている。

 大槌町は陸中海岸の最先端にあり、宮古市と釜石市の間に位置する。東日本大震災による津波の被害が甚大だったエリアのひとつ。現在、この仮設校舎は4つの学校が一緒に利用している(来年度に統合予定)。
 

中村さんが撮影した「ダイヤモンド富士」(山頂部と重なり、太陽が美しく見える現象)
中村さんが撮影した「ダイヤモンド富士」(山頂部と重なり、太陽が美しく見える現象)

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク