さがみはら中央区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

被災地のために役立てて 能の収益金を寄付

右から、足立旬一氏、松山隆雄氏、山口和夫副市長
右から、足立旬一氏、松山隆雄氏、山口和夫副市長

 相模原市は、日本赤十字社を通して、東日本大震災義捐金の寄付をしたとして、能楽師の松山隆雄さんにお礼状を贈呈した。相模原松山隆雄後援会事務局長の足立旬一氏も同席し、山口副市長からの感謝の言葉を受けた。

 松山氏は1964年に13歳で能の名門・梅若六郎家に入門。71年には能楽師として独立し、98年に国指定・重要無形文化財総合指定に認定された。

 今回の寄付は、今年3月の「さがみはら能」、4月の山形公演、7月の国立能楽堂演能会の3公演の収益金計30万円。お礼状を受け取った松山氏は、「被災地の方々の為に役立ててほしい。私個人としては、舞台を辞めるまでボランティアを続けていきたい」と話していた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク