さがみはら中央区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

「見本になるよう安全第一で」 大船渡市で解体作業 (株)大川商事(上溝)が社員派遣

社会

大きい建物が危険なまま残る
大きい建物が危険なまま残る

 中央区上溝で解体業を営む(株)大川商事(大川剛代表取締役)は、8月中旬から社員6人を岩手県大船渡市に派遣した。復興支援のため、地震によって被害を受けた建物の解体作業を行っている。

 現地の建設会社からの依頼によるもので、同社が被災地で解体作業を行うのは2回目。今回は8月から市内の赤崎小、赤崎中の解体を行っている。「被災地の復興は進んでいるが、まだまだ大きい建物は危険なまま残っている」と現状を目の当たりにした大川社長。現地では解体を専門にしない業者が解体工事を行い、大きな事故が起きているという。「専門業者だからこそ、見本になるように安全第一で作業にあたりたい」と話す。

 現在解体しているのが学校ということに話しが及ぶと、「母校は誰にとっても思い出深いもの。だからこそ慎重に、大切に壊さないといけない」と独特の言い回しを使う。より一層の配慮をして丁寧な作業を心がけているという。

 さらに、現地の屋台村では被災した方とも話しをする機会があったといい、「色々な話を聞いて、まだまだ心が癒されていないのかなと感じた。震災から1年半が経過したが、時が経っても今回の震災を忘れないでほしい」と話していた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク