さがみはら中央区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

砂入替え終了 セシウム濃度も不検出

 子どもが触れて遊ぶ砂場の砂ついて、相模原市衛生試験所は5日、7月下旬から行ってきた419箇所での入替え作業を終了した。併せて、市内3箇所で入れ替えの前後に測定した放射性物質の濃度も発表した。3箇所とも、入替え後の放射性セシウム濃度は不検出だった。

 砂の入替えは、公園(316箇所)を中心に、小学校、保育所、幼稚園などで実施した。入替えた砂は、砂場に適した中目砂で、放射性市セシウムの濃度が10ベクレル以下のものを使用。入替えの前後に、砂場の表面から5cmの高さと取り出した砂の表面の放射線量を測定したところ、すべての箇所で市が定める暫定基準値を下回った。

 砂の放射性物質についても、測定した3箇所でいずれも不検出だった。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク