さがみはら中央区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

相模原綜合卸売市場 活況、歳末の風物詩 一般開放に人出ふくらむ

一般開放日の賑わい
一般開放日の賑わい

 相模原の「台所」として、日々新鮮な食材の提供に努める「相模原綜合卸売市場」(中央区東淵野辺6の15の1)。暮れの贈答品や正月準備に一段と賑わいを見せる中、今年も一年おさめの大売出しが開催される。

 鮮魚、精肉、青果、海産物、漬物などから卵や麺、包装に至るまで、50の専門商社が所狭しと軒を並べる綜合卸売市場。

 JR古淵駅から歩いて約10分の国道16号沿いに立地する同市場は、土曜日の一般開放日ともなると、新鮮で手頃な価格の旬の食材を求める市民客で活況を呈する。

 以前は両手一杯にまとめ買いする姿が当たり前だったが、最近ははしごしながら少量を求める買い物客も増えてきたという。同市場では「少量でも遠慮せずおっしゃって下さい。値段が書いてない商品も気軽に尋ねれば、思わぬ安値だったりすることも」と市場ならではの楽しみ方を助言。来場ついでに、場内の飲食店で舌鼓を打って行く人も多い。

 同市場では歳末の28日(金)から30日(日)の午前に、毎年の恒例となった年の瀬の風物詩「歳末大売り出し」を予定している。年末年始に特に人気が高いというマグロやカニ、牛肉やかまぼこ、だて巻などが並ぶ。「専門店ならではの品揃えをぜひ堪能していただきたい」と話している。詳細は相模原綜合卸売市場(【電話】042・752・4183)へ。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「相模原事典」を作成

郷土史家涌田夫妻

「相模原事典」を作成

4月5日号

計画案策定を延期

淵野辺駅南口再編

計画案策定を延期

4月5日号

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク