さがみはら中央区版 掲載号:2013年2月21日号
  • googleplus
  • LINE

自殺対策 理・美容師「私に話して」 業界で、ゲートキーパー学ぶ

鈴木貴市会長
鈴木貴市会長

 市内の理・美容業者等の団体が所属する、相模原環境衛生協会(鈴木貴市会長)では、自主的に自殺問題への対策をはじめた。5日には外部講師を招き、ゲートキーパーについて学ぶ講習会が初めて行われ、市内130以上の理髪店が参加。身近なサービス業である身分を生かした、自殺防止に向けた方策等を学んだ。12日にも、美容師を対象にした同様の講習が行われた。

 ゲートキーパーとは、門番の意味から転じた「気づき、見守りをする人」のこと。全国の自殺者は1998年から15年連続で3万人を超えており、昨年は2万7776人だった(警察庁の統計)。市内で2011年に年間160人を数え、中高年の割合は全国平均と変わらないものの、若年層の自殺者数が多くなっているのが現状だ。

 近年理容業界では、技術者が自殺を考えている人の「見守り」に関わろうという機運が高まっているそう。そこで同協会では、市に相談を持ちかけ、講師派遣を依頼。今回の講習実施の運びとなった。

 理・美容店は調髪をしながら、利用客と自然と会話することができる空間。他のサービス業に比べても、業務以外の何気ない話が多く生まれやすい。南区旭町で理容店を営む鈴木会長によると、中には、人間関係の悩みを相談する人もいるという。「(気心が知れると)自分から色々と話をしてくれる人も。子どもの話や離婚などの身の上話もされるね」と、理・美容師の聞き手としての役割を話す。時には、「この人、これから夜逃げするんだな」とわかるときもあるという。

 このゲートキーパー活動では、その人の抱える悩みへの「気付き」がまず大切になるそうだ。必要であれば、相談先の紹介も役割の一つ。今後同協会では、市との協定締結なども視野に入れ、取り組みを推進していく予定。「この活動が、自分たちの業種だけでなく、他の団体・サービス業に広がっていけばいい。まずは我々に話す中で、気付くことができれば」。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク