さがみはら中央区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

区内で初の個展を開催中の色鉛筆画家 景山 康弘さん 相模原在住 75歳

色鉛筆で描く無限の世界

 ○…色鉛筆のみを使う独自の画法で花や風景を中心に描く。立体感や質感を見事に表現した迫力のある作品は、市内外のコンクールで数々の賞を受賞。「『色鉛筆でもここまで描けるのか』と認識される作品を描きたい」と意気込む。10日まで区内のギャラリー(メイプルビル2F・スペース游)で自身初となる個展も開催中だ。

 ○…鳥取県生まれ。上京し、県内の測量設計会社に就職。測量士兼土地家屋調査士として、区画整理事業に長年携わってきた。48歳で独立後も、土地区画整理事業のモデルケースとして評価された南平野地区土地区画整理事業(埼玉県さいたま市)の図面を引くなど、高度経済成長時代の「街づくり」に汗を流した。色鉛筆画に取り組むようになったのは15年ほど前。バブル崩壊で仕事が減り、時間を持て余したとき、図面を引く色鉛筆で、落書きを始めたのがきっかけだ。慣れ親しんだ道具はしっくり手に馴染む。独学で工夫し、熱中した。

 ○…少年時代より阪神タイガースの熱狂的なファンでもある。好きな選手を挙げれば、「土井垣、藤村、小山…」など、往年の名選手の名が次々と口を突く。息子がリトルリーグに入会した時には、仕事を休み、欠かさず応援に駆け付けたほど。「(息子は)阪神じゃなく、中日ファンになったけれど」と笑った。

 ○…作品を鑑賞した人から「次はどこで見られますか」「本当に良かったわ」と言われた時が、画家として喜びを感じる瞬間だ。日本最大の総合美術展「日展」(日本美術展覧会)出品に向けた創作活動も予定している。「日本一の展覧会で入選することで、色鉛筆画の素晴らしさを証明し、多くの人へ知ってもらいたい」と夢を抱く。「今後もさらに努力したい」。最高の相棒を握り画用紙へ。新たな挑戦が今始まった。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク