さがみはら中央区版 掲載号:2013年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

4月から始まる認知症サポーターネットワーク@さがみはらの代表世話人に就任した 市川 勝さん 緑区東橋本在住 34歳

「後悔ない活動」で組織けん引

 〇…4月から本格稼動するキャラバンメイト(認知症サポーター養成講座の修了者)同士のネットワークづくりを主な目的とした新組織「認知症サポーターネットワーク@さがみはら」で中心的役割を担う。市内に250人いるといわれるメイトたちのニーズをいかに吸い上げ、反映させるかに腐心する毎日だ。

 〇…出身は千葉県。言葉の遅れをケアする専門職・言語聴覚士となり、リハビリテーション病院への勤務を機に、相模原に移った。始めから福祉の道に進んだわけではなく、元々は大学で司法試験の勉強に打ち込んでいた。図書館詰めの毎日を送る中、気分転換で福祉のボランティアに参加。言葉を継げないお年寄りと対話したことがきっかけで、言語サポートへの思いを深めた。その後、中退を決意。親の反対を押し切り、専門学校に進学した。今は患者のケアの傍ら、管理職として2つの病院を任されるなど、多忙を極める。

 〇…たまの休みは料理に精を出す。洋食が得意で、特にティラミスなどスイーツをよく作る。有名シェフの本から情報を得るほどの熱の入れようだ。座右の銘は「反省はするけど、後悔はしない」。学生時代に読んだ本の一文にあったもので、「感銘を受けた。省みても前に進めばいい。同じ過ちをしなければいい」と、勇気をくれる言葉になった。

 〇…キャリアアップにも常にどん欲。仕事と両立させながら大学に5年通い、2年前に博士号を取得した。自身の成長が、ケア対象者にとってのメリットになると捉える。新組織も同じ。認知症の人が暮らしやすい街にしていくことは、誰もが暮らしやすくなることに通じる。病院やヘルパー不足が深刻化する中、「この組織が広がり、地域全体、市民全員が認知症サポーターの街になれば」と夢は膨らむ。職責を果たすべく、「後悔のない」活動を誓った。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク