さがみはら中央区版 掲載号:2013年6月6日号
  • googleplus
  • LINE

官民一体でごみ拾い まちづくりの日キャンペーン

ロータリーでごみを拾う市民
ロータリーでごみを拾う市民

 相模原市はポイ捨て禁止条例に基づき「きれいなまちづくりの日」に認定した5月30日、JR相模原駅、橋本駅、相模大野駅周辺や庁舎周辺で「きれいなまちづくりの日キャンペーン」を開催した。3駅周辺では、延べ116団体、426人が集い、ごみ拾いを実施。約450kgを回収したほか、歩行者へポイ捨て禁止も呼びかけた。

 同キャンペーンは昨年に続き2回目の開催。今年は日常的に駅を利用するタクシーやバス会社に加え、多くの一般企業も協力し、参加団体が増加した。SC相模原、三菱重工相模原ダイナボアーズ、ノジマ相模原ライズなど、相模原のホームタウンチームとして活動する選手らもユニフォーム姿で集い、汗を流した。このほか、分別戦隊シゲンジャー銀河などのキャラクターも応援に駆け付けた。

 一方、市役所本庁舎や南区合同庁舎周辺では同キャンペーンで初めて、市職員がごみ拾いを行った。「きれいなまちづくり」を市民にお願いするだけではなく、「自らも実施しよう」という試み。市職員は始業前に集まり、散乱ごみ回収に奮闘。約370kgを回収した。

 市資源循環推進課長の佐藤清隆さんは「大勢の人に参加していただきありがたい。毎年続けていきたい」と振り返り、「市民からの要望が多いJR淵野辺駅や小田急相模原駅など、他の駅でも自発的に清掃活動が行われるようになれば」と語った。
 

多くのキャラクターも登場した
多くのキャラクターも登場した

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク