さがみはら中央区版 掲載号:2013年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市橋本倫理法人会の会長で、トレイルランニングの大会で活躍する 三木 孝夫さん 田名在住 63歳

生涯現役のランナーに

 ○…10年前に加入した相模原市橋本倫理法人会で会長職を務める傍ら、日々トレイルランニングなどのランニングスポーツに汗を流す。「仕事一辺倒にならず、心のバランスがとれるんです」。還暦を過ぎてもなお、若手が数多く活躍する大会に積極的に参加。出場したすべての大会で、完走を果たしている。

 ○…ランニングスポーツに興味を持ったのは5年ほど前のこと。元プロ野球選手や陸上選手の肩書を持つ仲間の会員に刺激を受け、本格的に山登りを始めたのがきっかけ。当初はすぐに息切れしていたが、徐々に慣れると、自宅近くの高尾山で毎週20〜30Kmを歩くほどに。その後ブームになっていたトレイルランニングに親しみ、還暦を迎える前にして大会に初参加。「自然を楽しむだけでなく、自分の世界に入り込める」と、その魅力にどんどんのめり込んでいった。

 ○…朝のジョギングだけでなく、週末も自主トレーニングに励むなど、ランニングのことが頭から離れない。休日には日々の疲れを癒しに夫婦そろって温泉を巡るというが、本来羽を休める場であるはずの旅先でも、山道を見つけては自然と体を動かしてしまう。そんな夫の姿を妻は遠くから微笑ましく眺める。苦楽を共にした良きパートナーの支えが、走る原動力となっている。

 ○…初めて参加した東京での大会を振り返り、山の急斜面を上下する激しい動きに、「正直キツかった」と本音を漏らす。それでも、完走した時の達成感は今でも忘れられない。80歳を超えて3度目のエベレスト登頂に成功した直後、次なる挑戦を口にした登山家の三浦雄一郎さんを例に挙げ、「常に目標を持ち続けることが大切。これからもずっと走り続けていたい」。生涯現役を掲げる情熱のランナーが、今日も険しい山道を走り回る。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク