さがみはら中央区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

森の落ち葉を腐葉土に 参加者募集

 木もれびの森(南区大野台)の落ち葉を腐葉土にし、資源として地域に循環させる試みが、2011年4月から行われている。主催は環境ステップアップの会とNPO法人相模原こもれび。両団体では現在、今年度の参加者を募集している。

 落ち葉を処理することで、大地から新しい生命の芽吹きが得られる。また、落ち葉でできた腐葉土を使ってダンボールコンポストを作り、そこに生ゴミを入れれば、いずれ堆肥となる。こうして生ゴミの減量化を図るとともに、身近な森で資源循環を体験してもらうのがプロジェクトの目的だ。

 今年度の第1回目の集まりは7月29日(月)。午前10時から11時まで、【1】「腐葉土の切り返し作業」を行う。秋には【2】「ダンボールコンポスト講習会」「腐葉土の配布」(10月19日(土))が、そして冬には【3】「落ち葉集め」「生ゴミ堆肥の使い方講習会」(12月9日(月))が予定されている。場所は【1】【3】が木もれびの森・麻溝台地区。【2】は中央緑地。

 参加は無料だが、【1】【2】【3】全て参加できる人が対象となる。関心のある人は【電話】042・748・9408(畠山さん)、または【携帯電話】090・4629・4843(高橋さん)へ連絡を。先着20人(7月28日(日)締切)。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク