さがみはら中央区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

麻布大学 125周年に向けて 相模野病院と連携

政岡学長(左)と内野病院長
政岡学長(左)と内野病院長

 麻布大学(政岡俊夫学長)は4日、2015年に迎える同校創立125周年にあたって、より地域との連携を強化すべく、社会保険相模野病院(内野直樹病院長)と協定書を締結した。この包括協定は「研究」「人材育成」「地域および社会貢献」の連携が目的。

 かねてより両者は不妊治療の分野で交流があったことから、今後は共同研究をはじめ、シンポジウムの開催も検討。将来的には夫婦のみならず、がん患者のQOL(生活の質)を見据えた不妊治療の展開も期待されている。

 政岡学長は「人の健康にいかに寄与するかという使命がある中、今回の連携によって学生の育成や、更なる地域の発展に努めたい」と話した。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク