さがみはら中央区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

今年のインターハイ出場を決めた麻布大学附属渕野辺高校サッカー部部長 大矢 拓さん 町田市在住 17歳

夢舞台へ 「強さを証明する」

 ○…県予選を快勝し、2008年以来となるインターハイの切符を掴んだ。「自分が部長を務めた代で出場を決められて本当に良かった」。全国を目指す中でチームがバラバラになる事もあったが、生活態度を見直し、学年に関係なく率直な話し合いの場を設けることで、部をまとめ上げた。監督の教えを部員に伝えるだけでなく、時にはケガ人にテーピングを施すことも。「(周りに気を配る)先生みたいなものですね」。

 ○…小学生の頃、友達に誘われサッカーの道へ進む。上背があるという理由からGKを任されると、フィールドの選手が経験できない緊張感や、ゲームをコントロールできる魅力に惹かれていった。順風満帆なサッカー人生を送っていたが、高校では大けがも経験した。「みんなが楽しそうにプレーしている姿が羨ましかったし、悔しかった」。それでも部員の励ましを力に、「このメンバーと一緒に全国大会に行きたい」と前を向いた。今はインターハイへ向け、炎天下の中、5時間の練習で汗を流す。

 ○…親の影響で小さい頃から戦争ものの映画をよく鑑賞した。命の大切さを学んだことで、自衛官としての道を志している。将来を見据え、休みの日もランニングや筋トレに励むなど、体づくりにも躍起だ。「どれだけ鍛えても物足りないし、勝手に体がうずいちゃうんです」と、どこか恥ずかしそうに笑った。

 ○…半月後に迫った晴れ舞台へ向け、「これまで以上にまとまる必要があるし、部の代表として責任も大きい」と一層気を引き締める。5年前、道半ばで敗れた先輩たちの無念。その思いは今、後輩たちにしっかりと引き継がれようとしている。まずは、目の前の1勝。「渕野辺の名に恥じないようプレーをしたい。勝って、全国に強さを証明する」。渕野辺高校サッカー部の物語の続きが今、幕を開ける。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク