さがみはら中央区版 掲載号:2013年8月22日号
  • googleplus
  • LINE

猛暑に負けず熱戦の連続 上南杯少年サッカー大会

炎天下の中、ボールを追いかけた
炎天下の中、ボールを追いかけた

 今年で34回目を数える伝統の少年サッカー大会・上南杯が10日から3日間、相模川高田橋グラウンドほかで開催された。主催は上南サッカークラブスポーツ少年団(宮下幸一代表/以下上南SC)。当日は猛暑や落雷などの影響で、予備日までもつれる変則的な大会となった。その一方で、少年たちはグラウンドいっぱいに走り回り、ゴール前での球際の競り合いや巧みなパス回しなどで、スピード感あふれる試合を展開した。

 大会は予選リーグ1位・2位による上位チームと、同3位・4位の下位チームに分かれ、それぞれトーナメントを実施。優勝は上位がリトルジャンボサッカークラブ、下位が芦子SCだった。大会3日間について宮下代表が高評し、「参加した選手の中から、一人でも多くの日本代表が育つことを期待しています」と話した。

 23回大会に出場した瀬沼優司選手は今年Jリーグ清水エスパルスに入団。背番号11を付け、活躍している。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク