さがみはら中央区版 掲載号:2013年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

県内初 公文書管理条例施行へ 14年度中に施設開設も

社会

旧城山町役場の議場が公文書館に
旧城山町役場の議場が公文書館に

 相模原市は、現在開かれている市議会12月定例会で、条例規則、総合計画、議会議事に関する資料などの歴史的公文書を管理する「公文書管理条例案」を提出。可決されれば来年4月1日から施行されることがわかった。それに伴い、「公文書を一元管理する公文書館を城山総合事務所に整備し、2014年度中に開設できるよう準備を進めている」と加山俊夫市長が明らかにした。

 相模原市では、これまでに10年、30年と市役所が独自に保存期間を決めて、市立博物館や津久井郷土資料室など6カ所で公文書を保存していた。

 今回市が市議会に提出している「公文書管理条例案」には、条例規則や総合計画、議会議事に関する資料をはじめ、合併前の津久井村議会議案書や林道工事設計書といった歴史的公文書の保存期間を条例として定められた。これにより一元管理すると同時に、市民に広く公開し利用可能にする狙いがある。

施設は城山総合事務所に公文書管理条例施行へ

 今回の条例案については、国が2011年4月に公文書管理法を施行し、地方自治体にもそれぞれ条例を定めるよう求めていたことを受けて、市が成立を目指していた。条例案が今議会で可決されれば、歴史的公文書利用請求などの一部の権利を除き、4月1日から条例として施行される予定。全国20ある政令指定都市の中では大阪、札幌市についで3番目。県内では初となる。

 現在開会中の市議会本会議で、加山市長は議員からの同条例案についての質問を受け、「旧城山町役場の議場を有効活用し、公文書館として2014年度中に開設できるよう整備を進める」と答弁し、今後の方向性を明らかにした。

 市情報公開課によれば、公文書を一元管理し、市民が閲覧できる施設を探していたところ、相模原市への合併後未使用だった旧城山町役場の議場(現城山総合事務所)が挙がったという。可決されれば、その議場を一部改装し、公文書館として整備したい意向だ。管理する公文書は、約2万5千冊になり、市民が閲覧できるような施設としての開設をめざすという。同課では「条例案の可決後は、ハード面も必要となってくる。条例はなくても公文書館が整備されている地域は県内に4カ所ある。条例自体は相模原が県内で初となり、他の地域のモデルになってくるのでは」と話している。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市初開催企画

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

スポーツ通じ「共生社会」を

市内障害児・者支援団体

スポーツ通じ「共生社会」を

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク