さがみはら中央区版 掲載号:2013年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

保田さん再び最優秀賞 心の輪を広げる体験作文

保田さん(中央)には加山市長から称賛の盾が贈呈された
保田さん(中央)には加山市長から称賛の盾が贈呈された

 内閣府が主催する「平成25年度心の輪を広げる体験作文」の高校生・一般部門で、区内在住の保田(ほだ)健太さん(19)が内閣総理大臣賞(最優秀賞)を受賞し、加山俊夫市長へ10日、入賞報告をした。保田さんの受賞は、2011年度に続き2回目。

 同コンクールは、障害のある人とない人との心のふれあい体験を綴(つづ)った作文を募集し、ともに支え合って暮らす「共生社会」をめざしている。同部門では544編の応募があった。

 今回、内閣総理大臣賞に選ばれた作品「心のキャッチボール」は、全身に運動麻痺がある保田さんが高校卒業後、「障害を抱えた僕にしかできないことがある」という思いで中学生に向けて講演を行ったときの体験を綴った作文。仕事に取り組む上での保田さんの強い意志と考えが上手く表現されている点が高く評価され、今回の受賞に至った。

 保田さんはこのほか、県内外の作文コンクールで多数の入賞実績がある。「自分の考えていることを多くの人に伝えることで、より理解し助け合う共生社会になって欲しい」と保田さん。「健常者と障害者の関わり合いの中で、お互いが不自由なことにこだわり過ぎず、相手の心に目を向けて欲しいということが伝われば」と語った。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク