さがみはら中央区版 掲載号:2014年1月30日号
  • googleplus
  • LINE

ショートトラック五輪代表 坂下選手、ソチの大舞台へ

4年越しの雪辱果たす

 県立相模原総合高校(緑区)出身の坂下里士(さとし)選手(24・トヨタ自動車所属)が、2月7日(現地時間)からロシアのソチで開催される冬季五輪にショートトラック競技の日本代表として挑む。

 坂下選手は、同競技の500mと1500mに出場。今回が初の五輪出場となる。

 競技を始めたのは、小学2年生の時。姉が所属して

いた相模原SSC(スピードスケートクラブ)に入部。小学3年生の時には、県大会で初優勝し、才能を開花させ、中学、高校と国内外の大会で実績を残してきた。高校卒業後は、社会人1年目で出場した世界大会で、当時の世界ジュニア記録を更新。日本を代表するスケーターとして期待されてきた。

 そんな中、4年前のバンクーバー五輪はケガの影響で出場できず、悔しい思いをした。競技から身を引くことも考えたが、「やめる理由を探すほうが大変だった」と続行を決意。4年越しで五輪出場の切符を勝ち取った。周囲から祝福の声が相次ぐ中、母親の弘子さんは、「やっと努力が実って本当によかった」と本紙の取材に答えた。

 20日には、市長を表敬訪問した坂下選手。初出場の喜びに浸ることはなく「やっとスタートラインに立てたという感じ。ここからが勝負」と五輪での活躍を誓った。持ち味の思い切りの良さで、500mでのメダル獲得をねらう。

 坂下選手は、2月2日にソチへ出発。10日に1500mの予選を迎える。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市初開催企画

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

スポーツ通じ「共生社会」を

市内障害児・者支援団体

スポーツ通じ「共生社会」を

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク