さがみはら中央区版 掲載号:2014年3月27日号
  • googleplus
  • LINE

地域に支えられた4年間 飯田生馬区長 区政を振り返る

笑顔で答える飯田区長
笑顔で答える飯田区長
 2010年月4月に市が政令市に移行し、最初の中央区政を担った飯田生馬区長。3月末をもって定年退職となる飯田区長に、在職4年の歩みと今後の展望について聞いた。

 ――まずは4年を振り返ってみていかがですか。

 地域の人たちに支えられてなんとかやってこられた4年間だった。地区の催しなどに招かれ、地域の実情や要望をお聞きしたり、お話しする機会をいただき、ありがたかった。区長としての業務は手探り。ただ、区民にとって何が一番良いのか、その一点に向かって調整していくだけだった。

 ――中央区だけのさまざまな取り組みを進めました。

 まずは区の周知が一番でした。政令市移行の直後は、中央区はどこかわからない方が多かった。区制施行1周年を記念して作成した区のシンボルマーク、区の歌、はっぴ。区が掲げる「人とまち、宇宙(そら)をつなぐ中央区」の実現に向け、全力を注いできた。

 ――やり残したと感じることは。

 小田急多摩線の延伸。これだけは残念だった。でも、先日も全体での署名を集めた。機運は高めたと思う。

 ――次の区長に期待することは。

 まだ区制5年目。中央区をより意識してもらい、区内9地区、27万6千の区民の方に「中央区に住んで良かった」と思えるまち、その魅力を発信できるまちづくりに取り組んでほしい。4月からは防災など機能も強化され、役割、業務が増える。各区との競争を含めて、まだまだこれからですよ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク