さがみはら中央区版 掲載号:2014年10月2日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市 水素エネ普及拡大めざす 11月中に促進案作成

水素ステーションは現在、海老名市など県内に2カ所のみ
水素ステーションは現在、海老名市など県内に2カ所のみ

 市は化石燃料に代わる新しいエネルギー源として注目される水素エネルギーの普及に取り組むため、「水素エネルギー普及検討会議」を庁内で組織し、協議を進めている。11月中には、普及促進案をまとめる方針。短期的に実現できるアイデア次第で、2015年度当初予算案への盛り込みも見据えている。

 水素ガスは燃えても水になるだけで、大気汚染の心配がないことから、地球環境に優しいエネルギーとして、長年実用化に向けた研究が進められてきた。今年度中に、トヨタ自動車が水素を動力源とする燃料電池車(FCV)の発売を予定。市販が本格化する15年は「水素元年」と称される。

 市も参加した6月の9都県市首脳会議では、燃料の補給拠点となる水素ステーションの整備に首都圏で取り組むことなど、5項目を国に提言した。こうした動きを受け、庁内でも普及検討会議の発足が決まった。産業や交通など、様々な観点で活用を考えるため、公共建築課、産業政策課など10の部署が集結。環境政策課が取りまとめる。

 市では、水素と酸素で熱をつくる家庭用燃料電池エネファームの導入支援を一層拡大することや、公用車へのFCV導入などを検討中。短期的に実現できるものは来年度予算案で盛り込みたい考えだ。一方で水素の取扱いは、高圧ガス保安法をはじめ多くの規制があり、導入コストの高さが障害となっている。6月に政府が閣議決定した成長戦略では「燃料電池・水素に関わる規制については関係省庁を横断する形で一挙に見直す」と明言された。市環境政策課は「国の規制緩和を見据え、水素エネルギーの活用を短期的・中長期的に検討していく」と話した。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市初開催企画

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

スポーツ通じ「共生社会」を

市内障害児・者支援団体

スポーツ通じ「共生社会」を

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク