さがみはら中央区版 掲載号:2014年10月2日号
  • googleplus
  • LINE

第14回フォトシティさがみはらのアマチュア部門で金賞に輝いた 井上 和人さん 緑区相原在住 67歳

写真で伝える地域の魅力

 ○…東京のビル街を背に、自転車をとばして満面の笑顔でアングルに飛び込んでくる子ども。向けられたカメラを見据え、興味津々の表情だ。そんな風景を切り取ってパシャリ。総合写真祭「フォトシティさがみはら」のアマチュアの部へ、2回目の挑戦で初の金賞を手にした。14年の歴史の中、同部で相模原市民が金賞を受賞するのは初めて。「市制60周年の年に素晴らしい賞を頂けて光栄」。偶然の受賞だと謙虚しつつも、思わず笑顔がこぼれる。

 ○…町田市相原町出身。子どもの頃は物作りが好きで大工に憧れた。もう一つ、幼い心を躍らせたのは『祭り』。「甘いものが少ない時代、祭りで親戚が集まると饅頭が食べられた。上手くいけば二つもね」と古き良き思い出に目を輝かせる。仕事で福島県に越した後、民俗芸能や伝統的な祭りに興味を持つように。休日には地元行事に出掛け、写真に収め始める。めざすのは躍動感。カメラを構えながら、さながら自分が踊っているかのように、太鼓を叩いているかのように、その錯覚を楽しみながらシャッターを切る。写真との付き合いはそこから始まった。

 ○…定年退職した今は、相模原で無農薬野菜の栽培に打ち込む。畑と向き合う日々の中、ライバルは雑草と虫だ。育てた野菜は直売所に出したり、近所の人におすそ分けしたり。「表面を虫にかじられていても、無農薬を喜んでくれる人がいるのは嬉しい」。38年暮らした福島の知人や神社の宮司ともいまだ親交があり、行事の度に現地へ赴き、カメラマンとしての役目を果たしている。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

佐栁(さなぎ) 慶さん

4月に障害者サッカーチームを発足させるNPO法人アクティブスポーツで副理事長を務める

佐栁(さなぎ) 慶さん

3月15日号

山本 悟さん

水彩画の作品展を通じ相模原市へ寄贈を行う

山本 悟さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク