さがみはら中央区版 掲載号:2014年10月16日号
  • googleplus
  • LINE

当麻山無量光寺 「踊り念仏」知って 冊子を作成 23日は開山忌

「いろいろな人に見てほしい」と飯田覚隆(かくりゅう)住職=7日
「いろいろな人に見てほしい」と飯田覚隆(かくりゅう)住職=7日

 南区当麻にある時宗寺院、当麻山無量光寺(たいまさんむりょうこうじ)ではこのほど、毎年同寺で奉納されている「踊り念仏」を紹介する冊子「無量光寺の踊り念仏・息づく一遍上人(いっぺんしょうにん)の想い」を作成した。同寺を開山した鎌倉時代中期の僧、一遍上人や踊り念仏などについて、写真や絵を用いて説明している。

 冊子はB6判で12頁、オールカラー。現在、同寺事務所で無料配布している。踊り念仏は、鉦(かね)や太鼓を鳴らし踊りながら念仏を唱える奉納。冊子では、踊り念仏は時宗の開祖である一遍上人が、全国を旅して人々に仏教の教えを説いて回る「遊行(ゆぎょう)」を続ける中で、上人に帰依(きえ)する人々とともに念仏を唱えながら踊り広めたもの、と説明。「一説によれば、平安時代の中期の僧・空也(くうや)上人によって始められた『空也念仏』がルーツであり、瓢箪(ひょうたん)や鉢を叩き、鉦を鳴らして念仏を唱えて踊ったのがはじめ」と解説している。

 同寺の踊り念仏は永年にわたり途絶えていたが、1990年10月の開山忌法要の際に檀家の女性により再興された。現在では毎年8月10日の施餓鬼会(せがきえ)と、10月23日の開山忌に奉納が行われている。

本尊の開帳も

 同寺では今年も10月23日(木)に開山忌法要が執り行われる。当日は踊り念仏のほか、同寺の本尊である「一遍上人立像」を特別公開。檀家の男性が鉦や太鼓を打ち鳴らし念仏を唱える「双盤講(そうばんこう)」や近隣の子どもたちによる「稚児(ちご)行列」、雅楽を演奏する「音楽講」も行われる。

 本尊開帳は午前10時から、11時から双盤講、踊り念仏奉納は11時30分頃から。稚児行列、開山忌法要、音楽講は午後3時頃から行われる。誰でも自由に見学・参拝できる。

 同寺は山号を「当麻山」といい、弘長(こうちょう)元年(1261年)に、「亀形峰(きぎょうほう)」と呼ばれるこの丘の上に一遍上人が「金光院(こんこういん)」という草庵(粗末な住まい)を設けたのが始まりとされる。その後、一遍上人に帰依(きえ)した真教(しんきょう)上人が寺を引き継ぎ、建物を建立。「無量光寺」と名付けた。後北条氏の外護(げご)や徳川家康の寄付を受け寺門(じもん)は繁栄したが、その後の度重なる火災により寺宝や堂宇(どうう)が焼失。現在、旧本堂は空き地となっており、一遍上人の銅像が建っている。時宗の旧大本山。本尊と古文書は市の重要文化財に、境内は市史跡に指定されている。

 冊子や開山忌法要に関する問合せは同寺【電話】042・778・0284へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「滞在型図書館」 交流生む

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

「滞在型図書館」 交流生む

3月29日号

ギオン相模原大賞が決定

ライズの盛り上げ役に

やまゆり建替えで説明会

ビジネスマッチ、160人熱気

「もう一度、あの舞台へ」

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク