さがみはら中央区版 掲載号:2014年11月27日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市民ギャラリーで展示を行っている いしばし めぐみさん 東京都多摩市在住 38歳

偶然が生むアート求め

 ○…現実にはあり得ない不規則な形をした色鮮やかな生き物。一度見たら忘れられないその目―。作品の確かな存在感に圧倒される。様々な形状を簡単に作ることのできる粘土やプラスチックを使って生み出される彫刻アート。独特の世界観で国内外のギャラリーを彩ってきた数々の作品が現在、市民ギャラリーに展示されている。

 ○…母親に連れられよく訪れた美術展で見たゴッホやモネの絵画は今でも覚えている。幼い頃からアートが身近な環境で育ち、図工の時間が好きだった少女がアートの世界へ本格的に飛び込んだのは女子美術高校入学がきっかけ。木炭画や油彩画などの画法を学んだが、対象を道具を使ってキャンバスに描く間接的な手法に「どこか違う」と感じていた。女子美術短期大学進学後は、そんな違和感を払しょくすべく彫塑科へ。彫刻を一から学び、手応えを感じながら創作する方法を身に付けるも、ブロンズや石膏の固いイメージに味気なさを感じてしまった。それでも卒業後もアルバイトで生計を立てながら創作活動を続行。そんな中で転機は訪れた。自由自在に形を操れるプラスチックが彫刻の材料に使えることを友人から教わり、直観をそのまま素材に伝え、形にする現在のスタイルを確立した。

 ○…創作の合間には、国内外問わず旅に出る。初の海外一人旅で訪れたインドでは、多指症を「ラッキーマーク」と呼ぶことがあるという話を聞き、カルチャーショックを覚えた。自らが持つ常識や価値観はあやふやなものだと痛感。固定観念にとらわれない創作活動の原点となった。

 ○…イメージするがままに手を動かし、偶然性の中にアートを生み出す。見る人によって感じ方はさまざま。それでも自分の作品を見てもらうことで、見る人それぞれが心に引っかかる部分を見出し、感動してくれる作品をつくりたい。偶然が繰り出す究極をめざし、手を休めることはない。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

佐栁(さなぎ) 慶さん

4月に障害者サッカーチームを発足させるNPO法人アクティブスポーツで副理事長を務める

佐栁(さなぎ) 慶さん

3月15日号

山本 悟さん

水彩画の作品展を通じ相模原市へ寄贈を行う

山本 悟さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク