さがみはら中央区版 掲載号:2015年8月20日号
  • googleplus
  • LINE

「チーム力」で暫定トップに 小山選手 アジアで活躍

スポーツ

第3戦・鈴鹿サーキットで激走する小山選手
第3戦・鈴鹿サーキットで激走する小山選手

 「2015 アジアロードレース選手権」シリーズ第3戦(全6戦)が7月3〜5日に鈴鹿サーキット(三重県)で行われ、緑区橋本出身で、世界を舞台に活躍するオートバイレーサー「コヤマックス」こと小山知良選手が2レースともに2位に入賞し、暫定ポイントでトップに浮上した。残り3戦を前に、小山選手は「目の前の一戦一戦に集中していきたい」と語った。

 「2015 アジアロードレース選手権」とは、4〜12月にかけて全6戦で戦われる、アジア最高峰のオートバイロードレース大会。1戦につき2レースの全12レースで争い、合計ポイントで「アジアNo.1ライダー」を決める。

 同選手権に参戦して3年目となる小山選手が出場しているのはスーパースポーツ600クラス。4月にマレーシアで行われた第1戦決勝レース1で小山選手は転倒するアクシデントに見舞われたが、首尾よく再スタートを果たし、12位でフィニッシュ。決勝レース2では3位、6月の第2戦(インドネシア)では6位、5位と、出遅れた初戦を徐々に巻き返してきていた。

 鈴鹿サーキットでの第3戦予選は雨に見舞われ、車体セットアップに苦戦し、7位と出遅れてしまう。決勝レース1では、大幅に変更したセッティングが功を奏し、後半に一気に巻き返して見事2位に。決勝レース2も2位となり、同選手権を暫定ポイントリーダーとして折り返した。「天候が安定しないなか、2位になることができたのは結束されたチーム力のおかげ」と小山選手は振り返った。

 第4戦は8月27〜30日にタイで予定されている。小山選手は「3戦を終えて、いよいよ大詰めを迎える。くだらないミスをなくし、常に上位を目指します。決して大きなチームではないですが、チーム力、経験などをフルに生かし、最大限のポテンシャルを引き出せるように、しっかり調整していきたい」と改めて気を引き締めた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク