さがみはら中央区版 掲載号:2015年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

朝日が丘自治会 地域ぐるみで空き巣防げ 散歩時など 独自に防犯

社会

防犯キャップやホイッスルを身に着ける住民
防犯キャップやホイッスルを身に着ける住民
 空き巣の被害を未然に防ごうと、光が丘地区の朝日が丘自治会(南雄二会長)では今月から、独自の対策に乗り出している。地域住民が朝のウォーキングや犬の散歩時などに防犯啓発のキャップやプレートを付けて町を「パトロール」することで、凶悪犯罪になりかねない空き巣犯罪に地域全体で目を光らせている。

 区内では今年に入り、約38件の空き巣被害が報告されている(2015年1月〜8月/暫定値)。中でも光が丘地区は戸建住宅が多く、高齢者の数も多いことから、被害が多発する地域の一つとなっている。一昨年の被害件数は約15件と、区内の全9地区で最も多い数値だった。

 こうした中、同自治会では空き巣の被害が報告されると、その手口や被害状況などを逐一住民に回覧するなどして対応していた。一方、南会長は「(空き巣の被害後も)まだ他人事だと思っている方も多いように感じた。地域全体で防ぐ方法はないか」と独自の対策を模索。会での協議の上、このほど、さらなる防犯啓発と注意喚起を促そうと、今回の「防犯パトロール」実施に至った。

子どもの事件防ぐ意味合いも

 活動は基本的に有志で、住民らは朝のウォーキングや犬の散歩時などに「防犯パトロール・キャップ」や蛍光色の「緊急ホイッスル」を着用し、地域内で自由に「パトロール」をする。ホイッスルの中には緊急連絡先を記載した紙が備えられており、万が一にも対応できるつくりに施している。自転車の利用時には前かごに取り付られる「パトロール・プレート」を貸与するなど、日常生活の中で独自に防犯に繋げていく考え。市自治会連合会によると、こうした自治会単位の取り組みは市内でも珍しいという。今回の活動は空き巣被害にとどまらず、子どもを巻き込む事件を防ぐため地域住民で見守りを強化する意味合いも込められている。

 南会長は「町中でパトロールする人を増やし、空き巣犯が敬遠する地域にしていきたい」と話している。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

高齢者に録音機貸与

市内一般社団法人

高齢者に録音機貸与

2月15日号

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

日本人初の快挙達成

ゴルファー山口すず夏さん

日本人初の快挙達成

2月8日号

当事者の声生かした支援を

「相模原からボート熱を」

南区在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

ピアノコンでアジア金賞

弥栄高2年田久保さん

ピアノコンでアジア金賞

2月1日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク