さがみはら中央区版 掲載号:2015年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

田名小と警察が共同訓練 校舎への不審者侵入想定

社会

不審者役(中央)を取り囲む警察官
不審者役(中央)を取り囲む警察官
 学校への侵入者から子どもの安全を確保するため、田名小学校(井村勉校長)で18日、相模原署協力のもと「不審者侵入対応訓練」が行われた。

 同訓練は、万が一何者かが校内へ侵入した場合に、教職員による児童の安全確保、児童が自らの安全を守るための行動の習得を目的に行われた。

 訓練は不審者が授業中の校舎に侵入した場合を想定し、実施された。不審者役の署員が教室の前に現れると、担任は児童に退避行動をとるよう指示。児童は速やかにドアを閉め、不審者の視界に入らないよう床に伏せた。その後、全クラスの安全を確保した上で、数人の教職員が不審者を取り囲み、校長室へと連行。学校から連絡を受け、駆けつけた署員が不審者の身柄を確保し訓練を終えた。

 同様の訓練は市内の各校と相模原署が協力して行っており、同校では3年前から教職員向けの訓練を行ってきた。

 訓練を終え、井村校長は「教職員は今までの訓練で身に付いたことが十分に発揮できていた。児童も予想以上に素早く行動することができていたので、良い訓練だった」と話した。

 訓練後は全校生徒向けに、署員が訓練の講評と、子どもの連れ去り事件防止の講話を行った。署員からは「何かあったときは、先生の指示をしっかり聞くように」などと話すと、児童たちは真剣な表情で聞き入っていた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク