さがみはら中央区版 掲載号:2015年11月12日号
  • googleplus
  • LINE

老人クラブなどの地域活動を長年続け、市から表彰を受けた 佐藤 理八さん 矢部在住 88歳

百歳超えても恩返しを

 ○…地区老人クラブの会長や音楽サークルの代表など地域での活動は多岐にわたる。「地域の人が喜んでくれるのが楽しくて夢中でやってきた。気付いたらいくつも肩書きを持っていた」と柔和な笑顔を見せる。これまで取り組んだ数多くの地域活動が認められ、市の様々な分野で活躍した人に贈られる「市政功労賞」を受賞した。「本当に励みになる。今回の受賞で満足することなく、今後はもっと頑張りたい」と88歳にして更なる活躍を期する。

 ○…18歳で郵政省(現・日本郵政)に入省し、約40年間勤務した。休日返上の覚悟で必死に働き、40歳後半には郵便局長として職務にあたり、12回の転勤を経験した。退職後はゆっくり自分の趣味を楽しむつもりだったが、1・2年も経つと物足りなさを覚えるように。その頃、友人の誘いで地域の老人クラブに加わった。それまでは忙しく、地域活動に参加する機会が少なかったこともあり、「仕事で培った知識や経験を生かして地域へ恩返しを」と積極的に臨んだ。「理八さん」の呼び名で仲間から慕われ、現在も地区老人クラブの会長を担当。市老人クラブでは文化委員として機関紙作りなどに尽力した。

 ○…現在の中央区区長・佐藤浩三さんは実の息子。「仕事の関係で3回も単身赴任をしたので、子どもの頃は大変な思いもさせたが、立派に育ってくれた」と目を細める。仕事の事を細かく話すことはないが、部下への接し方などを、 人生の先輩として自らの経験を伝えている。

 ○…米寿を過ぎてなお、地域貢献への意欲は増すばかり。「誰もが健康で、住民同士が盛んに交流できる地域づくりをめざしている」と力を込める。会長を務める地区老人クラブでは今後、老人ホームへの訪問などを積極的に取り組んでいく予定だ。「90歳はもうすぐそこ。100歳になっても地域への恩返しを継続したい」と、誓いを新たに、我が道を突き進む。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク