さがみはら中央区版 掲載号:2015年11月26日号
  • googleplus
  • LINE

京劇・演舞で文化交流 無錫市との友好30年祝い

文化

カラフルな背景のもと、中国の芸能を華麗に披露した大島君(左下)や歌舞団=21日、杜のホールはしもと
カラフルな背景のもと、中国の芸能を華麗に披露した大島君(左下)や歌舞団=21日、杜のホールはしもと

 相模原市と中国・無錫市との友好都市締結30周年を祝した記念式典が21日、杜のホールはしもとで多くの友好訪日団、歌舞団の参加のもと開催された。

 はじめに執り行われた式典では、両市の代表者らによるあいさつのほか、交流の歩みの上映、両市の市長が署名した「友好の誓い」を発表。改めて友好関係が確認された。

 引き続き公演の部に移り、無錫市の日本語スピーチコンテスト優勝者によるスピーチの後、京劇や演舞が披露された。京劇では、市内在住の小学5年生で、5歳から在日京劇団「新潮劇院」主宰の京劇教室に参加する大島陸君が演目「石秀探庄」を演じ切ると、無錫市の芸術教室の講師らで構成される歌舞団も二胡の演奏、古典ダンス、フルートやピアノ、中国の民族曲などを発表し、会場の雰囲気は中国文化一色となった。フィナーレでは参加者全員が登壇し、中国民謡「ジャスミンの花」を熱唱。観客からの盛大な拍手とともに幕を閉じた。相模原で今回初めて京劇を披露した大島君は「緊張したけど楽しめました。(訪日の)劇団の方からも褒められて嬉しかった」と笑顔を見せていた。

 両市の友好30年のパネルは、11月30日まで市役所本庁舎1階に展示される。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク