さがみはら中央区版 掲載号:2015年12月17日号
  • googleplus
  • LINE

上溝中で職業講話 相模原青年会議所

教育

格闘家として自身が歩んだ経験を話す青木会員
格闘家として自身が歩んだ経験を話す青木会員
 相模原青年会議所(相模原JC)は12月10日、上溝中学校で同JCの会員が講師となり、「働くこと」をテーマに自身の仕事について、同校の1年生に語る「地域の先生事業」を行った。

 当日は、文具店経営、酒屋卸業、保険業、弁護士、行政書士、格闘技道場経営、バルーンアーティストなど多彩な顔ぶれが集結。自身の経験をもとに、仕事での喜びや苦労、やりがい、なぜこの職業を選択したかなどについて、生徒へそれぞれ、20分程度講話した。

 生徒からは「この仕事をして良かったことは」「どんな性格の人が向いているのか」「今までで一番嬉しかったことは」など、様々な質問が飛び、一つひとつ丁寧に答える会員の姿が見られた。

 同校の小野充校長は「普段、外部の方と触れ合う機会は少ないので非常に良かった。子どもたちが将来について考えるきっかけとなり、社会人の姿をイメージできたのではないか」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク