さがみはら中央区版 掲載号:2016年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

ドラフトで1位指名を受け、プロ野球「中日ドラゴンズ」に入団が決まった

小笠原 慎之介さん

東海大相模高校3年

熱き想いを内に秘め

 ○…2015年、夏の甲子園。登板した最初の試合で自己最速の151キロを計測。準々決勝では見事なリリーフでサヨナラ勝ちを呼び込み、決勝戦では自らホームランを打ち完投勝利。間違いなく、夏の大会の主役の一人となった。プロ野球ドラフト会議では中日ドラゴンズから1位指名。輝かしい実績を引っ提げ、プロの世界に飛び込む。「目標は新人王です」。堂々と自信に満ちた目で語る。 

 ○…藤沢市の「善行スポーツ少年団」で野球を始めた。その頃から既に目標はプロ野球選手。中学時代には「湘南ボーイズ」で日本一を経験した。常に冷静に見える秘密は、独特のイメージトレーニング。「ピンチは訪れるものと考え、試合前夜に最悪の状況を想定して寝るようにしています」。その結果、どんな場面でも慌てることはないという。しかし、感情を表すことは少ないが、実は人一倍負けず嫌い。「投げられないのが一番悔しい。負けるにしても、自分が投げて負けたいです」

 ○…小学生から野球一筋だったため、土日はほとんどが試合か大会。家族で旅行に行った記憶はない。「ここまで来られたのは家族の支えがあったから。プロ野球で活躍して恩返しがしたい」と力強く語る。気分転換は寮の一人部屋で歌うこと。また、小さい頃から車が好きでミニカーを集めていた一面も。試合前には派手なカーアクションで人気の映画「ワイルドスピード」を観て気持ちを高めていたそうだ。免許取得はこれからだが「いつかスポーツカーに乗ってみたい」と笑う。

 ○…好きな言葉は「一戦必勝」。目標とするのは、1年間を通して怪我をせず、常に安定した成績を残せる選手だ。「自分の成績よりも、とにかくチームの勝利に貢献したい。課題は1年間投げ続ける体の強さとメンタル。それが身につけば、おのずと新人王は狙えるはず。応援してくださった相模原市の方々のためにも頑張ります」
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

谷 昭次さん

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した

谷 昭次さん

11月2日号

前田 誠一さん

相模原市の里親らで構成される「さがみの里親会」で会長を務める

前田 誠一さん

10月26日号

藤井 蘭秀(らんしゅう)さん(本名 万由美)

第39回日本書展で文部科学大臣奨励賞を受賞した

藤井 蘭秀(らんしゅう)さん(本名 万由美)

10月19日号

平野 まゆさん

新イベント「相模まつり」の実行委員会「ユメカナプロジェクト」のリーダーを務める

平野 まゆさん

10月12日号

戸塚 優斗さん

9月8日にニュージーランドで行われたW杯スノーボード・ハーフパイプ第1戦で優勝した

戸塚 優斗さん

10月5日号

渡名喜(となき) 風南(ふうな)さん

ブダペスト世界柔道選手権女子48kg級に初出場し、優勝した

渡名喜(となき) 風南(ふうな)さん

9月28日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

来年も笑おう

来年も笑おう

誠文堂で漫画展

10月30日~11月11日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月2日号

お問い合わせ

外部リンク