さがみはら中央区版 掲載号:2016年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

青山学院大学

「史上最強」で箱根連覇へ

スポーツ

今年は「ハッピー大作戦」で

エントリーメンバー16人ら
エントリーメンバー16人ら
 「第92回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(主催/関東学生陸上競技連盟)が1月2日(土)、3日(日)に開催される。淵野辺のキャンパスを練習拠点とする青山学院大学は、前回総合優勝を果たした王者として、連覇を狙う。

 「史上最強」と評されるメンバーで迎えた今季は「(大学駅伝)三冠(出雲、全日本、箱根)」を目標に掲げた。出雲は、主将でエースの神野大地選手(4年)が春先のけがの影響で欠場するも、優勝。しかし、同選手が出場した全日本では、東洋大学の後塵を拝する結果に。追われる立場になった重圧からか「『昨季とここが違う、昨季よりここが悪い』と減点方式で指導するようになってしまっていた」と原晋監督。チームは沈んだ時期もあったが「箱根は青学らしく、明るく、楽しく、爽やかに走れるように」と再度奮起。今回の箱根は「ハッピー大作戦」で臨む。

「神野だけじゃない」

 「チームのハッピー指数は85%くらい」―。12月に行われた記者会見で、原監督は、前回の「ワクワク大作戦」から、今回は、選手だけでなく、沿道やテレビの前で観ている人も含めて、皆が幸せになれるようなレースをめざす「ハッピー大作戦」で大会を制すと明言。その上で、初日の往路をトップまたは首位との差を1分以内で折り返せば、「連覇は狙える」と自信を見せる。ケガの影響が心配される神野選手に関しても「全日本は急ピッチで仕上げ、慎重に調整したせいで、大会当日に疲れが出てしまっただけ。安心してください。区間賞を狙えると思いますよ。彼には他の選手にはない山上りの適性がある」と太鼓判。神野選手も「『山の神、山で復活大作戦』でいきます」と力強く宣言した。

 「神野頼みではなく、選手全員が『自分がやってやる』という意識を持っている」と選手全員に期待を寄せ、選手層の厚さもアピールする原監督。それに応えるかのように、会見では大会登録メンバーのほぼ全員が「区間賞を狙う」と意気込む。久保田和真選手(4年)は「(入部してからずっとケガ続きだったが)今季は良い練習ができている。調子も良い。神野だけじゃないところを見せたい」と語気を強める。ユニバーシアードで金メダルを獲得した小椋裕介(4年)選手も、今季、選手全員が同大独自のストレッチや体幹を鍛える筋力トレーニング「青トレ」に積極的に取り組み、意識を高めてきた点を挙げ、追随する他大のレベルアップを考慮しても、「皆、強くなったと言える」と胸を張る。

 原監督就任12年目。「追われる身になって初めて、重圧を経験している。ただ、チームはこの経験を跳ね返してこそ、バージョンアップする」と気合十分。

 予選突破が目標だったチームが、連覇へ。青学らしく笑顔でゴールできるか。大会は2日午前8時号砲。

(右上)練習前に選手らに指示を出す原監督、(右下)記者会見で抱負を語る神野選手、(左)学内のコースで汗を流す小椋選手(写真右)と久保田選手
(右上)練習前に選手らに指示を出す原監督、(右下)記者会見で抱負を語る神野選手、(左)学内のコースで汗を流す小椋選手(写真右)と久保田選手

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

市PRへ インスタ開始

塩見選手(区内出身)ヤクルト4位に

プロ野球 ドラフト会議

塩見選手(区内出身)ヤクルト4位に

11月2日号

小選挙区は赤間氏勝利

衆院選14区

小選挙区は赤間氏勝利

10月26日号

小山地区に信号機新設

連携協定で地域発展図る

相原高校橋本公民館

連携協定で地域発展図る

10月19日号

市内初 特養で「子ども食堂」

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

来年も笑おう

来年も笑おう

誠文堂で漫画展

10月30日~11月11日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月2日号

お問い合わせ

外部リンク