さがみはら中央区版 掲載号:2016年1月7日号
  • googleplus
  • LINE

「しっぽ」の変化に迫る

文化

相模川ふれあい科学館

展示される縁起物の白蛇「ボールニシキヘビ(アルビノ)」
展示される縁起物の白蛇「ボールニシキヘビ(アルビノ)」
 相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら(水郷田名1の5の1)で2月28日(日)まで、冬季特別企画展「しっぽのツボ〜しっぽのヒミツ教えます〜」が開催されている。

 生き物が持つ様々な形の「しっぽ」を題材に、その起源や働き、素朴な疑問が15種の生態展示を中心に紹介される。5億年前の古代生物を捕獲する最新アプリを使った体験や、シーラカンスの実物大模型が見どころ。古代から多様に変化してきたしっぽの働きを学ぶことができる。

 開館時間は午前9時半〜午後4時半(最終入館4時)。詳細は同館【電話】042・762・2110へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

来年も笑おう

来年も笑おう

誠文堂で漫画展

10月30日~11月11日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月2日号

お問い合わせ

外部リンク