さがみはら中央区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

子育て応援店事業 「はなたんネット」5年目 協賛店微増、利用者拡大へ

社会

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena
協賛店に配布されるステッカー
協賛店に配布されるステッカー

 妊娠中の女性や子育て中の家庭に配慮した各種サービスを提供する「子育て応援店」を市内から募り、その店舗や施設などの情報をインターネット上で発信する「はなたんネット」の開設からこのほど5年を迎えた。協賛店は年々、わずかながらも増えているようだが、市民の利用度は店舗や施設によって濃淡があるようだ。

 妊娠中の女性や18歳未満の子どもがいる家庭への支援を促進するとともに、地域社会全体で子育て家庭をサポートする機運を高めようと、市が2010年にスタートさせた「相模原市子育て応援店事業」。子育て中の市民を支援する様々なサービスを提供する市内の企業や店舗、施設を「子育て応援店」として募り、その情報を市が運営するHP「はなたんネット」で発信している。今年3月末の時点で、同ネットに登録されている協賛店は、405店舗。11年の「はなたんネット」開設から5年間で、協賛店の数は年々、わずかながらも増加しており、事業は引き続き継続していくという。

 協賛店で受けられる具体的なサービスは、粉ミルク用の湯の提供や絵本・おもちゃの貸出、授乳・おむつ替えスペースの提供、市が作成した子育てガイドの配架など、各店の業態や設備状況によって多岐にわたる。 上溝の「子育てサロン&交流ひろば かみみぞ ひだまり」では、粉ミルク用の湯や授乳スペース、おむつ替えコーナーを提供。スタッフによれば「よく利用していただいている」と語る。一方、淵野辺の協賛店・美容室CAROL・21の店長・梶原公和さんは、「登録しているものの、利用の申し出はほとんどない。個室で安心して授乳できるなど、店舗で協力できることはたくさんあるのですが」と話している。もともと子育て支援施設として認識されている施設では利用度が高い一方、一般協賛店舗の認知度は十分とは言えない。市は今後も協賛店へのステッカーの配布やHPでの周知を図る方針だ。

 詳細は同ネット【URL】http://hanatan-net.city.sagamihara.kanagawa.jpへ。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

横山に新拠点誕生

10月22日号

小野選手が3000mでV

相模原中等校3年

小野選手が3000mでV スポーツ

中学陸上県大会の頂点に

10月15日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

区内で移動販売スタート

区内で移動販売スタート 社会

住民主体で積極的に招致

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.45

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク