さがみはら中央区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

待機児童 2年連続0人 定員は当初計画、千人超増

社会

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 市は17日、2016年4月時点における市内の待機児童数が昨年に引き続き、2年連続で0人となったことを発表した。女性の社会進出などにより増え続ける保育需要に対し、市が急ピッチで行った対応策が実を結んだ形となった。ただ一方で、特定の保育所などへの入所を希望するため、他の保育所への入所を見送っている人は依然として400人以上いることから、受け入れ体制の充実と、各地で不足する保育人材の確保が今後の課題となる。

 市内における就学前児童数は2011年以降減少が続いているものの、女性の就労機会の増加や保育所定員の増加による利用への期待感の高まりから、保育所への申込者数は2010年以降増加を続け、今年4月時点では過去最高の1万2051人となった。市では、増え続ける保育所需要に対応するため、2011年にプロジェクトチームを立ち上げ保育所の新設などに取り組んだことで、昨年4月、国が定義する待機児童数が初めて0人になった。

 これを受け市は、「待機児童0人」の継続をめざし、地域型保育事業の拡大などを重点的に推進した。その結果約1年間で、当初の計画を大幅に上回る1060人分の定員を新たに確保。中でも沿線道路の整備や周辺人口の増加により保育需要が高まりつつある、相模大野(南区)、古淵(南区)、二本松(緑区)地域の保育所整備に注力した。他にも昨年4月からは、各区の窓口で施設の利用案内を行う「すくすく保育アテンダント」を増員し、きめ細かいサービスを行うことで、多くの人が入所できる環境を整えた。こうした事業の実施が機能する形で、2年連続での「0人」達成となった。

446人の「保留児童」

 県内の政令市では初めて2年連続での待機児童0人となったが、課題も残されている。国が定義する「待機児童」には、通勤などとの兼ね合いで特定の保育所への入所を希望し、他の施設への入所を保留している人を表す「保留児童」は含まれていない。市内における保留児童は昨年から81人減少したものの、依然として446人が希望する保育所の空きを求めている。他にも、保育所の増加とともに、各地で奪い合いに近い状況も起きている保育士の確保も重要となるため、市では今年度から新たに、民間事業者が保育士用の宿舎を借り上げる場合、費用の助成を行う制度を開始した。

 市担当課は「市の計画では、2019年まで保育所への需要は増え続ける見通し。待機児童0人の継続と、保育所への保留児童を減らせるよう、取り組んでいきたい」と話した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

外務大臣表彰を受賞

相模原拠点NPO

外務大臣表彰を受賞 社会

インドシナ難民支援で

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

最後のTLに挑む

三菱重工相模原

最後のTLに挑む スポーツ

初戦はアウェー、クボタ戦

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク