さがみはら中央区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

悩み共有「まずは笑顔に」 子育て支援・ネバーランド

教育

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 「子どもの将来が心配」「学校に行かない」など、子育ての悩みを抱える親たちに笑顔になってもらおうと、相模原市地域子育て支援事業の一つ、子育て支援グループ「子育ておしゃべり会ネバーランド」(岡崎京子代表)では定期的に企画講座を行っている。

 この会は2012年12月に岡崎さんをはじめとするメンバーで子育て講座を実施したのが契機となり、現在、緑区・中央区で交互に開催している。乳幼児対象の子育て講座が多い中、小学生以上まで対象幅を広げた会は市内でも珍しい。

 健常者はもとより、発達障害の子を持つ親も多く参加するおしゃべり会。同じ境遇の悩みを話す場が少ない中で、この会は親たちが日常生活での子育ての悩みを本音で言い合える場となっており、スタッフたちに様々な悩みを打ち明け、笑顔になって帰る姿が目立つという。通信制高校の教諭が足を運び、親たちと意見交換することもある。代表の岡崎さんは「お母さんが元気になれば、子どもたちも元気になります。一つのきっかけをつかんで自信を持つ子どもたちもたくさんいます。子育ての先輩たちに相談して、安心してもらえる場になれば」と参加を呼びかけている。

 本日26日(木)あじさい会館で、6月28日(火)育児サポートなごみ(緑区橋本2の10の24)で開催。時間は午前10時〜午後3時。詳細はHP・http://miraikko-sagami.orgか山本さん【携帯電話】080・6749・0373へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook